アクシス・テクノロジーはオンリーワン商品開発とリーダー人材育成をコアとする技術マーケティング会社です

【異業種事例研究会】第39回富士フイルム早川執行役員講演会

4/26(土) 第39回 

富士フイルム株式会社 執行役員機器システム開発センター長 
早川利郎先生

「新技術をカタチにする、製品化への道 -紆余曲折のキャリアと挑戦-」
ご講演案内


最近盛んにTV-CMで放映されてお馴染みの「マンモグラフィ」など、
メディカル機器・システムを主管しておられる同センターは、
富士フイルムさんの注目部門の1つであります。

そのコア部門を率いる総帥であられる早川様も、
転職など様々なご経験・転機を経て、
現在の成功がおありになります。

研究者または人生の節目を迎えて、
どう向き合って現在のポジションを築かれたか、

次代を担う方々に少しでもお役に立つならば、、、と
快くお話しをして戴けることになりました。

またみなさまがたにお目に掛かれますのを
関係者一同、心より楽しみにしております。

                 ワンダズンクラブ 
                 主宰 南形潔賜 
                 幹事一同  

--------------------------------------------

◇「ワンダズンクラブ」とは:

  メーカーの次課長級ミドルマネジメント層向け
  成功事例交流研究塾。

*概要や講師陣ほか詳細は
  ホームページ内の【ワンダズンクラブ】をご覧ください。

--------------------------------------------


◇第39回開催概要
 
 日時 :2008年4月26日(土曜)
 15:00-17:00 ご講演
 17:00-19:00 講師及び参加者全員との
          名刺交換会及び質疑応答
          を兼ねた懇親交流会

◇場所:富士ゼロックス㈱ 六本木T-Cube 11階
          
◇演題; 「新技術をカタチにする、製品化への道 -紆余曲折のキャリアと挑戦-」

  1.20~30代に学んだ事と足跡
    ・・・光半導体と恩師との出会い
    ・・・就職して、いきなりテーマリーダ
    ・・・初めての海外・発表から研究テーマの提案
    ・・・転職、米国企業

  2.製品化実現のコツ
     ・・・テーマを絞る際のポイント:
        筋を見抜く、効果・影響、難しい(インパクトが大きい)ほうが面白い
     ・・・製品化実現をやり抜くということ:
        常識でなく本質と原理、データが全て。
        「横断歩道はみんなで渡らない=あまのじゃく」。
        効率良い実験とやり抜く粘り「あきらめるな」。

  3.前向きな失敗をどう乗り越えてきたか
     ・・・失敗と考えたことは殆ど無い:
        リストラは最高の人生経験。

  4.マネージメントとして思うこと
    ・・・20世紀後半はエレクトロニクスの時代でテーマが転がっていた、
       延長線上のロードマップで生きられた
    ・・・これからは、戦略が必須。何をやるかで全てが決まる。先ずは医療。
    ・・・ミドルへの期待、若手への期待:
       事業はリスクを明確にしてチャレンジすること。

◇お略歴:

    '53年 名古屋市生まれ(血液型:A型)
    '78年 京都大学 工学部 電子工学科修士過程修了
    '78年 シャープ(株)入社
    '84年 京都大学 工学博士
    '88年 イーストマン・コアック(ジャパン)(株) 主幹研究員
    '93年 富士写真フイルム(株)宮台技術開発センター 主任研究員
    '01年 宮台技術開発センター 主席研究員
    '07年 富士フイルム(株) 執行役員 R&D統括本部 機器システム開発センター長

     現在に至る
       
       (財)日本オプトメカトロニクス協会理事

        '87年 発明協会発明賞

***********************************
成功事例交流研究塾[ワンダズンクラブ]

運営主催
株式会社アクシス・テクノロジー
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町29-25 
Tel:03/5459-5280,Fax:03/5459-5270
http://www.axistech.jp/   
************************************