アクシス・テクノロジーはオンリーワン商品開発とリーダー人材育成をコアとする技術マーケティング会社です

【事例研究】第54回トヨタ・松田商品企画部主査講演

第54回 トヨタ自動車 松田主査講演会 開催概要

講師: トヨタ自動車株式会社 商品企画部 主査 未来コンセプトグループ長 松田 進 氏 

演題: 『2020年に向けた商品企画のチャレンジ』 

世界No1のカーメーカー、トヨタ自動車。
約5年間を要する新車の技術開発と多額の設備投資を伴う自動車の商品企画に当たっては、
10年後の消費者のトレンドを分析する≪先読み≫マーケティングが必須であり、全社機能部
である商品企画部内には10年以上も前から先読みマーケ専従チームが常設されています。

ワンダズンクラブ流に言えば、 毎年0→1活動(=10年先の長期消費者のトレンドを分析して、
新シナリオを立案する) をしてトップ答申を行って、技術本部のチーフエンジニア陣が統轄する
新車開発に貢献することを主業務とする部署で、東京本社とは別の表参道オフィスに集結して
活動を行っています。

今まであまり公に知られていないトヨタの先読みマーケティング活動に関して、
部門を率いる総括責任者の松田主査から直々に内容をお話しして戴きました。

----------------------------------------------------------------------------------------

【第54回開催概要】
 
◇日時 : 2011年5月21日(土曜) 
 14:00-15:00 トヨタ自動車 表参道オフィス見学
 15:00-17:00 松田主査ご講演
 17:00-19:00 質疑応答及び講師を囲んでの懇親交流会

◇場所: 東京都渋谷区 トヨタ自動車 商品企画部 表参道オフィス  

◇ご講演:  
Ⅰ.会社概要及び自己紹介
Ⅱ.自動車の商品企画について
Ⅲ.クルマの今昔比較
Ⅳ.2020年に向けたお客様の変化と商品企画の視点
Ⅴ.事例紹介

◇ご参加メンバー; 以下の年間会員様

企業名・部署名(50音順)
①株式会社IHI 航空宇宙事業本部 
②味の素株式会社 化成品部
③オムロン株式会社 技術本部
④オムロンスイッチアンドデバイス株式会社 業民スイッチ商品部
⑤オムロンヘルスケア株式会社 健康サービス事業統轄部
⑥コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 イノベーション推進センター
⑦セイコーエプソン株式会社 GPS推進部 
⑧JX日鉱日石エネルギー株式会社 研究開発本部
⑨トヨタ自動車株式会社 商品企画部
⑩トヨタマーケティングジャパン株式会社 制作局
⑪富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 R&D企画管理部
⑫フリュー株式会社
*お役職は主に部長・課長。


◇講師お略歴

松田進先生
1989年 トヨタ自動車入社  第4車両部(現ネッツ店販売本部)配属
1995年 商品企画部  ラインナップ戦略/個別モデルの商品企画を担当
       主にクラウン、ウ“ィッツ/ヤリス、イスト、Bb等を担当
2005年 ヨーロッパ部
2006年 TME(Toyota Motor Europe:欧州統括会社)
   Product Planning Div.でコーディネーター職を担当
2009年 商品企画部(現職)
   中長期の商品戦略、新コンセプト企画を担当

以上