アクシス・テクノロジーはオンリーワン商品開発とリーダー人材育成をコアとする技術マーケティング会社です

【事例研究】第55回産業技術総合研究所・前田研究グループ長講演

第55回 産総研 前田先生講演会 開催概要

講師: 独立行政法人産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門 マイクロ実装研究G
     研究グループ長 前田龍太郎先生 

演題: 『国の口説き方-国家プロジェクトの立案を通じて』 

昨年8月にプレス発表された国内有力メーカー14社が協同参画したMEMS(微小電子機械システム)
開発プロジェクトは国プロとして華やかに立ち上げをしました。

実現までには様々な中央官庁・部署との折衝や、利害関係が相反する民間企業間の調整など、
民間企業のプロジェクト以上に気の遠くなるようなプロセスと時間を要します。

その国プロに於いて、まさにゼロからシナリオを起草し14社を巻き込んだプロデューサーは、
日本が誇る研究開発拠点、産総研の研究者でした。

今回はプロデューサーであられる前田先生から、過去立ち上げられた成功例とチョッピリ失敗例などを
織り交ぜながら、実際にゼロからプロジェクトを興された際のナマ話を余すところなく語って戴きました。

尚、オプションとして午前中、産総研の見学も行い見聞を広めました。

----------------------------------------------------------------------------------------

【第55回開催概要】
 
◇日時 : 2011年7月29日(金曜) 
 11:00-12:00 つくば産総研 サイエンススクエア見学
 13:00-15:00 前田先生ご講演
 15:00-15:30 前田先生研究テーマのラボ見学
 15:30-16:30 グループディスカッション
 16:30-18:30 質疑応答及び講師を囲んでの懇親交流会

◇場所: 茨城県つくば市梅園1-1-1 産総研つくば本部  

◇ご講演:  
Ⅰ.産総研組織及び自己紹介
Ⅱ.国家プロジェクトの種類
Ⅲ.国家プロジェクトのプロセスとタイムスケジュール
Ⅳ.シナリオの立案・設定
Ⅴ.事例紹介 1.上手く行った例、2.思惑通りには行かなかった例
Ⅵ.周りの巻き込み方
Ⅶ.異業種協業のメリットと大変さ
Ⅷ.結論
◇ご参加メンバー; 以下の年間会員様

企業名・部署名(50音順)
①株式会社IHI 航空宇宙事業本部 
②味の素株式会社 化成品部
③オムロン株式会社 技術本部
④オムロンスイッチアンドデバイス株式会社 業民スイッチ商品部
⑤オムロンヘルスケア株式会社 健康サービス事業統轄部
⑥コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 イノベーション推進センター
⑦セイコーエプソン株式会社 GPS推進部 
⑧JX日鉱日石エネルギー株式会社 研究開発本部
⑨トヨタ自動車株式会社 商品企画部
⑩トヨタマーケティングジャパン株式会社 制作局
⑪富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 R&D企画管理部
⑫フリュー株式会社
*お役職は主に部長・課長。


◇講師お略歴

前田龍太郎先生

1952年生まれ
1978年 東京大学工学部卒業
1980年 東京大学大学院工学系研究科修士修了。同年通産省工業技術院 機械技術研究所入所
1984年 フランス政府給費留学 国立科学研究所
1990年 工業技術院研究開発官付き(マイクロマシン担当)
1995年 生産システム部界面制御研究室長(微細加工、マイクロアクチュエータ)
2001年 独立行政法人産業技術総合研究所 機械システム部門集積機械グループ長
2004年 4月より現職

所属団体: 精密工学会理事、NPO精密科学技術ネットワーク理事 等
  
以上