アクシス・テクノロジーはオンリーワン商品開発とリーダー人材育成をコアとする技術マーケティング会社です

【事例講演】7/23(月)産業技術総合研究所・つくばセンター

産業技術総合研究所(以下産総研)イノベーション推進本部からの招聘により、
「技術の出口戦略と社内イノベータ育成~トヨタ実例を通じて~」と題して、
事例講演させて頂きました。

民間企業に於ける技術の出口戦略をモデルケースに、
産学官連携の取り組み事例など、色々な角度からエッセンスをご紹介しました。

1.日時:平成30年7月23日(月)10時~12時
2.場所:産総研つくばセンター
3.演題 : 技術の出口戦略、社内イノベータ育成
~トヨタとのビジネスプロデュース実例を通じて~

4.講演概要
事業化とは、産みの親(研究者;モノづくり志向)と育ての親(需要家;コトづくり=顧客価値志向)
を紡ぐことである。オープンイノベーションが定着しつつあり、異業種交流は活性化したが、事業化
に至るケースは少ない。課題は、需要家(企業)の課題やキーマンが把握できず、自社都合提案
になり協業接点が見出せないことである。講演者はデンソーの新事業推進リーダーとして、経営陣
を説得する術を会得し、トヨタ中心に大企業主導の新事業創出、イノベーション支援を最前線で
手掛けてきた。本講演では、大企業ならではの構造課題を紐解き、技術の出口戦略やビジネス
プロデューサー人財育成のコツを、トヨタとのビジネスプロデュース実例を通じて解説する。